top>活動状況について>定例会2005年>5月

 

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2005年5月20日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「日本酒の4タイプ分類」
採点者:12名 (ポイントは酒1本につき1人10ポイント、今回は140ポイント満点)

順位
銘柄/種別
製造
(産地)
価格
ポイント
今日の1位
に選んだ人
コメント
1位 佐久の花
/純米吟醸・無濾過生原酒
佐久の花酒造店
(長野県)
2,520
(1.8L)
103.5
5人
梨の香り、後味のキレがいい
2位 十四代
/本丸・本醸造生詰
高木酒造
(山形県)
2,300
(1.8L)
102
5人
リンゴの香り、ピリ感あり、
辛口
3位 月山
/純米吟醸・無濾過原酒
吉田酒造
(島根県)
3,900
(1.8L)
96.5
4人
いろいろな料理と合いそう
4位 〆張鶴
/純・純米吟醸
宮尾酒造
(新潟県)
3,045
(1.8L)
88
1人
軽い、さっぱり
5位 手取川
/吉田蔵・純米
吉田酒造場
(石川県)
1,050
(720ml)
85.5
1人
さらさら、水のよう
6位 帰山
/参番・純米吟醸古酒1998
千曲錦酒造
(長野県)
1,575
(720ml)
84
3人
ちょっとハチミツっぽい、
丸みがある



(注)このランキングは、単にメンバーの好みのみを基準にしたランキングであり、他意はありませんので、
ご了承ください。

(コメント)

今回のテーマは「日本酒の4新酒タイプ分類」でした。
日本酒サービス研究会の資料によれば、それぞれ味の濃淡、香りの高低により表のように
「爽酒」「薫酒」「醇酒」「熟酒」の4タイプに分類されるとのことです。
それぞれに相性の合う料理があるとのことでしたので、
「かのう」さんにもレパートリーに富んだお料理を提供いただきました。
参加された皆さん、どのお酒が、どの料理にあいましたか?
なお、さまざまな資料によれば、十四代や佐久の花は、どちらかといえば薫酒に分類されていますが、
濃醇に感じる方が多かったわけで、とはいっても「熟成タイプ」ではないですし、
この分類は難しいですねぇ。
そういえば、お酒をセレクトする際、今までで一番難しかった気がします。
「これぞ薫酒!」といえる、もう少し軽めで香りの高いお酒も用意すればよかった
と反省しています。(また次回以降の課題です。)

今回は、いろいろなタイプのお酒がそろいました。楽しんでいただけましたか?

ほんのりピンクに染まり、笑顔がすてきです。次回もお待ちしていま〜す。

[ 戻る ]