top>活動状況>定例会2006年>2月

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2006年2月17日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「日本酒と映画」
採点者:21名 (ポイントは酒1本につき1人10ポイント、ポイント表示は参加者の平均点)

順位
銘柄/種別
/ 使用米・精米歩合
製造
(産地)
価格
購入店舗
平均
ポイント
コメント
1位 獺祭
/磨き二割三分
/山田錦・23%
旭酒造
(山口県)
5,250
(720ml)
まるまた
7.55
フルーティー、
酸が特徴的
2位 東薫
/吟醸酒「夢と幻の物語り」
/美山錦・50%
東薫酒造
(千葉県)
2,289
(720ml)
リカーハウス
かまた
(ネット)
7.02
さわやか、
香りが良い
3位 一の井手
/吟醸「なごり雪」
/山田錦・55%
久家本店
(大分県)
1,628
(720ml)
久家本店
(ネット)
6.88
含み香、渋み
4位 桃の滴
/純米吟醸
/五百万石・58%
松本酒造
(京都府)
2,541
(1.8L)
荒玉酒店
(ネット)
6.79
ふくらみ、
花の香り
5位 美少年
/辛口・本醸造
/調査中・65%
美少年酒造
(熊本県)
1,800
(1.8L)
吉田屋
6.50
燗が合う、
きりっと辛口
6位 ダイヤ菊
/金印・普通酒
/美山錦・65%
ダイヤ菊酒造
(長野県)
?
(1.8L)
***
5.95
さっぱり、
辛口

五味

特徴

(注)このランキングは、単にメンバーの好みのみを基準にしたランキングであり、他意はありませんので、
ご了承ください。

(コメント)

今回のテーマは、「日本酒と映画」でした。
映画に登場したお酒や監督に愛されたお酒など、ゆかりのお酒計6種類が出品できました。
結果については今回は、見事に価格順に並びました。皆さん舌が肥えていらっしゃる!
それでは、ここで出品酒それぞれと映画にまつわるエピソードを紹介します。
第1位「獺祭 磨き二割三分」 実写版「キューティーハニー」で登場します。
観たら間違いなく呑みたくなります。
第2位「東薫 夢と幻の物語り」 ラベルに黒澤明監督が寄贈した絵コンテが使用されています。
第3位「なごり雪」 大林宣彦監督の同名映画「なごり雪」を記念して作られたお酒です。
第4位「桃の滴」 伊丹十三監督が大ファンだったそうです。
第5位「美少年」 云わずと知れた「銀河鉄道999」で、大山トチローが呑んで居たお酒です。
第6位「ダイヤ菊 金印」小津安二郎監督がシナリオを書く際に愛飲してました。
お調べいただいた兵庫助さん、どうもありがとうございました。

今日もいろいろな小鉢。
楽しみです。
映画の話で盛り上がってます。 「かのう」さん。
いつもありがとう。
燗つけ器は今回も登場。

牡蠣がまた日本酒と合う。

鍋、あったまります。
戻る