top>活動状況>定例会2006年>11月

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2006年11月17日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「燗のうまい酒」
採点者:25名 (ポイントは酒1本につき1人10ポイント、ポイント表示は参加者の平均点)

順位
銘柄/種別
/ 使用米・精米歩合
製造
(産地)
価格
把握する
取扱店舗
平均
ポイント
コメント
早瀬浦
/御食国の恵み・山廃純米
/五百万石・55%
三宅彦右衛門酒造
(福井県)
3,360
(1.8L)
サケハウス
7.50
酸味の広がり、豊潤、
燗上がり
天明
/純米瓶囲い火入れ・亀の尾
/亀の尾・55%
曙酒造
(福島県)
3,465
(1.8L)
シバタ、
酒泉洞堀一
7.32
バランス良い、きれい、
燗上がり
醸し人九平次
/純米吟醸・火と月の間に
/山田錦・50%
萬乗醸造
(愛知県)
3,150
(1.8L)
酒のきまた、
秋貞、荒川酒店
7.08
やわらかい、
飲みやすい、
ヨーグルト
梵/ときしらず・純米吟醸
/五百万石・50%/55%
加藤吉平商店
(福井県)
2,940
(1.8L)
知多繁
6.80
ふくらみ、しいたけ
ナッツの香り、
飛露喜/特別純米・生詰
/山田錦・五百万石・50%/55%
廣木酒造
(福島県)
2,730
(1.8L)
吉田屋
6.70
常温がよい、辛口、
酸味、苦味
喜久醉/特別本醸造
/山田錦・豊錦・60%
青島酒造
(静岡県)
2,100
(1.8L)
富屋酒店、
やすだ屋
6.68
透明感、辛口、
さっぱり、やわらか

五味

特徴

(注)このランキングは、単にメンバーの好みのみを基準にしたランキングであり、他意はありませんので、ご了承ください。

(コメント)

最近急に冷え込んできまして、本格的な燗酒シーズンの到来です。というわけで今回のテーマは、「燗のうまい酒」です。
第一位は、福井県の「早瀬浦」の山廃純米酒。続いて、天明「亀の尾」、醸し人久平次の順でした。地元の醸し人久平次は第三位で、愛知県三連覇ならず。
そして、ごめんなさい。飛露喜は、燗にしてはいけません。冷やなら一番人気なのですが、燗上がりしません。お酒がバラバラになってしまいます。大変いい勉強になりました。
また、関谷醸造の遠山杜氏にも参加いただき、しぼりたてのお酒を差し入れてくださいました。微発泡の男性向きと甘口の女性向きの2種類で、解説までいただき、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

今日は熱燗です。さっそく鍋で燗をつけます。 サイトを見て参加の新人さん。熱燗はいかがですか?またの参加お待ちしてます。 ワカサギのフライです。季節ですね。
熱燗は体に優しい飲み方です。和らぎ水も忘れないで。

ホタルイカの沖漬け、マグロ豆腐、銀杏です。他にカマ焼きや焼きそばも登場。

再び参加の関谷醸造・遠山さん(本社蔵杜氏)から解説をいただきました。
戻る