top
>活動状況>定例会2007年>1月

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2007年1月19日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「究極の大吟醸」
採点者:35名 (ポイントは酒1本につき1人10ポイント、ポイント表示は参加者の平均点)

順位
銘柄/種別
/ 使用米・精米歩合
製造
(産地)
価格
把握する
取扱店舗
平均
ポイント
コメント
当日の
酒番号
田酒/純米大吟醸斗壜取
/山田錦・40%
西田酒蔵
(青森県)
12,000
(1.8L)
吉田屋、サケハウス、中島屋
7.23
まろやか、優しい、上品、ジャスミンティー
善知鳥/大吟醸
/山田錦・40%
西田酒蔵
(青森県)
8,156
(1.8L)
吉田屋
7.06
落ち着き、調和、熟成っぽい、上品な香り
満寿泉/大吟醸「寿」
/山田錦・40%
桝田酒造
(富山県)
10,500
(1.8L)
***
7.03
酸味、さっぱり系、バランス良し、フルーツ
〆張鶴/大吟醸「金ラベル」
/山田錦・35%
宮尾酒蔵
(新潟県)
9,094
(1.8L)

吉田屋、中島屋、つぼい

6.91
淡い、香りと苦味が良い、パッションフルーツ
龍神
/斗瓶取り純米大吟醸・愛山
/愛山・49%
龍神酒蔵
(群馬県)
4,935
(1.8L)
吉田屋
6.83
濃厚、生熟、旨味、ぶどう
黒龍/大吟醸「八十八号」
/山田錦・35%
黒龍酒蔵
(福井県)
10,500
(1.8L)
森正、シバタ、知多繁、きまた、サケハウス、マルタカ、さいとう
6.69
品がある、杉の香り、レタス
東一
/大吟醸・雫搾り斗瓶取り
/山田錦・39%
五町田酒蔵
(佐賀県)
8,148
(1.8L)
きまた
6.67
スモーク、きりっと、熟成、フルーティー
天界/大吟醸
/山田錦・50%
天界酒蔵
(島根県)
5,250
(1.8L)
知多繁
6.20
ピリピリ、味が分離ぎみ、個性的

五味

特徴


(注)このランキングは、単にメンバーの好みのみを基準にしたランキングであり、他意はありませんので、ご了承ください。

(コメント)

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
日本酒の会 sake nagoyaは、いよいよ6年目のスタートです。今回のテーマは、新春スペシャル企画として「究極の大吟醸」をテーマに、日ごろはなかなか手の出ない高額なお酒(平均金額8,000円)を味わいました。
結果は、青森県の西田酒蔵店のワンツーでした。「善知鳥」は、2回目の登場となりますが、前回高評価だったので、比較の基準とするための出品です。
全体的な印象としては、おおむねお値段に比例していますが、「龍神」の健闘が光ります。残念なのは、「黒龍」の八十八号が意外な結果だったのと、「東一」が2002年の長期低温熟成酒だったせいか本来の実力が出せませんでした。
次回のテーマは、「今、注目のお酒はコレだ」をテーマに、新進気鋭のお酒を味わいたいと思います。どうぞお楽しみに。

寒い日は、おでんです。
こちらは、じっくり採点のテーブル。今日のお気に入りはどのお酒ですか?
今日は大吟醸、しかも「究極」。どれも甲乙つけがたいですね。
最後は雑炊です。イクラがポイント。
金目鯛の煮付け、たまりません。
料理もお酒も美味しくて、すっかり盛り上がっています。また来月、お待ちしています。
戻る