top
>活動状況>定例会2008年>2月

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2008年2月15日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「新酒・しぼりたて」
採点者:49名 (酒1本につき1人10ポイント、ポイント表示は参加者の平均点)

順位
銘柄
/種別
/ 使用米・精米歩合
製造
(産地)
価格
把握する
取扱店舗
平均
ポイント
コメント
当日の
酒番号
蓬莱泉
/特別純米しぼりたて
/山田錦,チヨニシキ・55%
関谷醸造
(愛知県)
2,450
(1.8L)
シバタ、酒泉洞堀一、知多繁、酒のつぼい、富屋酒店、その他多数
7.49
香りと味のバランス、果物、バナナ

瀧自慢
/純米酒・しぼりたて生酒
/山田錦,五百万石・60%
瀧自慢酒造
(三重県)
2,142
(1.8L)
シバタ、森正商店、富屋酒店
6.91
酸味、飲み飽きない、すっきり
10
飛露喜
/特別純米・かすみざけ
/五百万石・55%
廣木酒造
(福島県)
2,730
(1.8L)
吉田屋
6.86
甘みと酸味、隠れた優しさ、香り立つ
天青
/特別本醸造しぼりたて
/五百万石・?%
熊澤酒造
(神奈川県)
2,310
(1.8L)
吉田屋
6.69
果実香、麹の香り、後から甘み
龍神
/純米酒・壱番しぼり雪霞
/?・55%
龍神酒造
(群馬県)
2,850
(1.8L)
吉田屋
6.68
麹の香り、独特な香り、ほどよい甘み
松の寿
/純米吟醸・無濾過生原酒
/五百万石・50%
松井酒造
(栃木県)
3,150
(1.8L)
酒のきまた
6.60
調和、優しい、ほのかな果実香
黒龍
/吟醸垂れ口
/五百万石・55%
黒龍酒造
(福井県)
2,940
(1.8L)
シバタ、森正商店、酒のきまた、サケハウス、酒商マルタカ、酒のさいとう
6.52
アルコール感強い、キリッ、辛口

美丈夫
/麗・うすにごり
/松山三井・55%

濱川商店
(高知県)
2,343
(1.8L)
シバタ、森正商店、酒のきまた
6.51
発泡、にごり、カルピス、すっきり
七本槍
/純米搾りたて・新酒中取り
/玉栄・60%
冨田酒造
(滋賀県)
2,940
(1.8L)
森正商店、酒の中島屋
6.35
力強い、酸味、アルコール感強い
10 白岳仙
/しぼりたて吟生・中取り
/五百万石・55%
安本酒造
(福井県)
2,415
(1.8L)
富屋酒店
6.33
まとまり、すっきり、柔らかい、上品

五味

特徴


(注)このランキングは、単にメンバーの好みのみを基準にしたランキングであり、他意はありませんので、ご了承ください。

(コメント)

今回のテーマは、旬のお酒「新酒・しぼりたて」です。日本全国北から南まで10本を飲み比べました。発泡あり、おりからみあり、みな個性的な味わいで、かなり充実のラインナップでした。
結果の方は、地元愛知の「蓬莱泉」の特別純米しぼりたてが、圧倒的な第1位でした。やはり地元民の嗜好にぴったりマッチなのでしょうか?
第2位以降は「瀧自慢」「飛露喜」「天青」と続きましたがほとんど差はありませんでした。
全体的な印象としては、どれも新酒らしくピチピチとした躍動感にあふれるお酒でしたが、同じお酒を秋に飲み比べたらどんな結果になるのでしょうか。「先が楽しみ」なお酒も何本かありましたので、そんなことを思ったりもしました。
さて、次回はdancyu2008.3に掲載の「感動の純米酒」ほか掲載酒を飲み比べてみたいと思います。どうぞお楽しみに。

今日は、旬のお酒です。
コウナゴの唐揚げ。お酒にぴったり。
里芋の唐揚げです。柚子胡椒が合うんです。
華やかなテーブル。日本酒はお肌にもいいんですよね。
飲みやすいのか、ペースが速いです。
きりたんぽです。締めはバリそばでした。またの参加をお待ちしています。
戻る