top
>活動状況>定例会2010年>8月

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2010年8月20日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「夏のお酒」
採点者:53名 (酒1本につき1人10ポイント、ポイント表示は参加者の平均点)

順位
銘柄
/種別
/ 使用米・精米歩合
製造
(産地)

酒造
年度

価格
把握する
取扱店舗
平均
ポイント
コメント
当日の
酒番号
1
陸奥八仙
/夏吟醸・無濾過生酒
/華吹雪,むつほまれ・55%,60%
八戸酒造
(青森県)
21BY
2,900
(1.8L)
酒泉洞堀一
6.91
甘味、さっぱり、バランス良い

1

2
瀧自慢
/夏吟醸
/山田錦,神の穂・50%,55%
瀧自慢酒造
(三重県)
 
2,551
(1.8L)
調査中
6.58
香り華やか、さっぱり、スピード感
10
3
七ロ万
/無濾過生貯蔵酒
/五百万石,たかねみのり・非公開
花泉酒造
(福島県)
21BY
3,150
(1.8L)
調査中
6.48
バニラ、穏やか、旨味
3
4
長珍
/2010 SUMMER JUN 純米無濾過生詰
/山田錦,五百万石・60%
長珍酒造
(愛知県)
21BY
2,950
(1.8L)
シバタ、酒はやし、ごとう屋など
6.43
コク、酸味、フレッシュ、まったり
9
5
雨後の月
/涼風・吟醸
/雄町,八反錦・55%
相原酒造
(広島県)
 
2,625
(1.8L)
調査中
6.42
やさしい、細め、キレよし、暑い日に
12
6
来福
/純米吟醸生酒・夏の酒
/雄町・50%
来福酒造
(茨城県)
 
2,625
(1.8L)
調査中
6.22
まとまり、フルーティー、控え目な酸味
6
7 大那
/特別純米・夏の酒「蛍」
/ひとごこち・55%
菊の里酒造
(栃木県)
 
2,835
(1.8L)
富屋酒店
6.21
淡麗、さわやか、やさしい
5
8 澤乃花
/純米吟醸・夕涼み
/ひとごこち・55%
伴野酒造
(長野県)
 
2,772
(1.8L)
酒泉洞堀一
6.06
やや辛口、やや酸味、岩清水
8
9 阿櫻
/夏の純米吟醸
/秋田酒こまち・55%
阿櫻酒造
(秋田県)
 
2,880
(1.8L)
調査中
6.02
軽め、酸のバランス、マスカット
2
10 いづみ橋
/夏ヤゴ・純米生原酒
/山田錦・50%,65%
泉橋酒造
(神奈川県)
21BY
2,940
(1.8L)
調査中
5.90
ハード、辛口、酸味、濃いめ
7
11 鶴齢
/純米超辛口
/美山錦・60%
青木酒造
(新潟県)
21BY
2,940
(1.8L)
調査中
5.62
じんわり辛い、緑茶、キレあり
4
12 富久長
/辛口夏吟醸プラス]
/広島県産米・60%
今田酒造
(広島県)
 
2,600
(1.8L)
調査中
5.31
透明感、すっきり、独特の香り
11

五味

特徴

(注)このランキングおよび評価は、単に参加者の好みのみを基準にしたものであり、他意はありませんので、ご了承ください。

 

(コメント)
今回は毎年恒例の「夏のお酒」をテーマに、涼しげなラベルのお酒12本を飲み比べました。順位は、青森県の「陸奥八仙」が第1位で、三重県の「瀧自慢」、福島県の「七ロ万」、愛知県の「長珍」と続きました。
傾向としては「甘」味が強めのお酒が上位に入って、「辛口」表示のお酒2本はいずれも下位でした。暑い日の夕涼みに、キンキンに冷やした辛口のお酒もいいものかと思いますが、名古屋では通用しないのかも?
さて、次回は10月の「ひやおろし」解禁に先立って、「ひと夏越しの生原酒」をテーマにリクエストのあった「直汲み」も織り交ぜながら飲み比べをしたいと思います。どうぞお楽しみに。

 

今日は夏のお酒。肴も夏らしく鱧の湯引き、梅肉を添えて。 今日もたくさんの方が参加してくれました。 元気をつけて!鶏ちゃん焼き風です。
ゴーヤチャンプルーもでてきました。 順位発表の後はみんなで確認です。 しめ鯖の胡麻和えです。
お気に入りのお酒は見つかりましたか? 最後は桶うどんです。 大きな手振りで熱く語る参加者。また参加してくださいね。
戻る