top>活動状況>定例会2014年>5月

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2014年5月16日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「気なるお酒 Part2」
参加者:52名

 

今回のお酒(順不同)
銘柄
/種別
/ 使用米・精米歩合
製造
(産地)
購入価格 把握する
取扱店舗
参加者のコメント

特別純米 無濾過生原酒 槽場直詰
山田錦 ・ 55%
聖酒造
(群馬県)
3,132
(1.8L)
調査中 薄い黄金色の酒色。微発泡でバナナやパインの香りがある。甘味が前面にあり、背後から酸味がバランスよく支える。旨味もあるが、後を引かず、最後は苦味が顔を出し切れていく。
十四代
吟醸酒 生詰
備前雄町 ・ -%
高木酒造
(山形県)
-
(1.8L)
調査中
薄い黄金色の酒色。メロンやライチのような香りが微かにある。少し粘性があり、苦味が強い。旨味は微かで、アルコール感も強くなく穏やか。
川鶴
純米 無濾過原酒斗びん囲い生酒
国産米 ・ 65%
川鶴酒蔵
(香川県)
3,240
(1.8L)
調査中 黄金色の酒色。バナナのような香りがあり、南国の果実を思わせる濃厚な甘味が広がる。アルコール感と苦味が後半の味を引き締める。
仙介
純米吟醸 しぼりたて無濾過生原酒
山田錦 ・ 50%
泉酒造
(兵庫県)
3,805
(1.8L)
オオタケ ごく薄い黄金色の酒色。少し炭酸感がある。メロンや梨のような甘い香りがある。甘味が強く、酸味は控え目。やや味の多さを感じるかも。最後は苦味が締めくくる。
ちえびじん
特別純米酒
八反錦 ・60%
中野酒造
(大分県)
2,916
(1.8L)
酒泉洞堀一 薄い黄金色の酒色。甘い香りがある。粘性を伴う強い甘味と酸味があり、濃厚。旨味もたっぷりで陰影がはっきりしている。後半アルコール感がせり上がり酒質の割りに切れが良い。
北島
純米吟醸 無濾過生原酒
吟吹雪 ・ 55%
北島酒造
(滋賀県)
2,808
(1.8L)
調査中 黄金色の酒色。メロンの香りがあり、強い甘味と酸味が濃厚でメリハリがある。アルコール感が後半登場し、余韻が長い。
寒紅梅
純米酒 早咲き生
山田錦 ・ 60%
寒紅梅酒造
(三重県)
2,499
(1.8L)
オオタケ ごく薄い黄金色の酒色。少し炭酸感がある。香りは控え目。やさしい酸味と甘味があるが、ややまとまりを欠く。酸味に続き苦味が顔を出す。酸味や甘味がやや残るかも。

純米吟醸 無濾過生
松山三井 ・ 50%
南酒造場
(高知県)
3,085
(1.8L)
秋貞酒店 薄い黄金色の酒色。甘味酸味のバランスが良く、きれいな旨味も感じられる。最後はアルコールの辛味や苦味がコクを感じさせながら引いていく。

純米大吟醸 無濾過GOLD
山田錦 ・ 50%
加藤吉平商店
(福井県)
3,240
(1.8L)
知多繁、 あさい商店、サケハウス他 ほぼ透明の酒色。甘い香りがある。甘味は強いが、軽やかでスッキリしている。旨味が少なくサラサラしており、最後は苦味を伴い消えていく。やや物足りなさを感じるかも。
残草蓬莱
特別純米 槽場直詰 無濾過生原酒
出羽燦々、五百万石 ・ 60%
大矢孝酒造
(神奈川県)
2,916
(1.8L)
徳丸商店、オオタケ、酒のなかや ごく薄い黄金色の酒色で、少し炭酸感がある。フルーティな香りがあるが低調。黄色い柑橘類を思わせる爽やかな酸味が先ず感じられ、その後に甘味が現れる。旨味もたっぷりあり、最後はアルコール感と苦味が締めくくる。

特別純米酒 本生
五百万石 ・ 60%
高井
(群馬県)
2,571
(1.8L)
富屋酒店 薄い黄金色の酒色。香りは低い。甘味酸味ともバランスよく、旨味も細目で、淡麗系。最後には強い苦味が感じられる。突出した部分は少なく、ややインパクト不足かも。
鳴海
特別純米 直詰め生
五百万石 ・ 60%
東灘醸造
(千葉県)
2,592
(1.8L)
調査中 ほぼ透明の酒色。少し炭酸感がある。パインのような香りと甘味でフルーティ。裏打ちする酸味もたっぷりで、メリハリが利いている。苦味や辛味がコクを形作る。やや雑味感が気になるかも。


五味

特徴

(注)この評価は、単に参加者の感想を集計したものであり、他意はありませんので、ご了承ください

 

(コメント)
「気になるお酒 Part2」お楽しみいただけたでしょうか。今回の出品酒のリストが手元にあるのですが、「生」の表示があるものが、9種類、「生詰」が1種類で、12種類中10種類が、名前からフレッシュ感を味わうものであることが分かります。
日本の風土がはぐくんだ日本酒。四季の移ろいの中で、飲みたい日本酒も変わっていくような気がします。もちろん秋・冬には「冷おろし」から始まり熟成系のお酒が美味しいですが、空気が乾き、まだまだ清々しい風の吹く時期には、ちょっと味が散らかっていても、半製品と言われてもフレッシュ感溢れる「生」が美味しいものです。季節に合った酒肴とともに色々なお酒をお楽しみください。
さて、定例会で1本だけ新酒でないものが混ざっていると前振りがあり、コメントを見ていると随分気にかけてくれた方も多いようです。正解は、10番の「十四代吟醸酒生詰」でした。保管状態でより全く違ってくることですが。
次回の定例会のテーマは、「うすにごり、おりがらみ」。各酒販店では夏に向けて「うすにごり、おりがらみ」が続々登場しています。お楽しみに。(T)

 

今月のテーマは「気になるお酒Part2」。肴は、ぶたぽんからスタート。 先月に続き、気になるお酒。なぜか、無濾過生が多いような・・・ 天然鯛の煮付です。いつも旨いです。
ゴーヤ豆腐タマゴ炒めです。 気になったお酒は情報交換。輪が広がりますね。 最後はキムチ焼きそばでした。来月もよろしく!
戻る