top>活動状況>定例会2015年>8月

日本酒の会 sake nagoya 「定例会」の報告

日時:2015年8月21日(金)
場所:旬彩処かのう(名古屋市中区三の丸一丁目)
テーマ:「夏の酒ほか」
参加者:49名

 

今回のお酒(順不同)
銘柄
/ 種別
/ 使用米・精米歩合
製造
(産地)
購入
価格
把握する
取扱店舗
参加者のコメント
横山五十
純米大吟醸 フレッシュ生
山田錦 ・ 50%
重家酒造
(長崎県)
3,970
(1.8L)
調査中
ほぼ透明な酒色。微発泡で粘性がある。メロンの様なフルーティな香りがあり、先ず強い甘味を感じる。ジューシーで爽やか。 12
鍋島
吟醸Summer Moon
山田錦 ・ 50%
富久千代酒造
(佐賀県)
3,186
(1.8L)
酒泉洞堀一 ほぼ透明な酒色。フルーティで爽やかな香りがある。口に含むと甘味がすぐに感じられるが、甘過ぎることなくすっきりしている。旨味はシャープで控えめ。最後は苦味を残しながら切れる。 7
燦然
純米吟醸 朝日 袋吊り生原酒
朝日 ・ 55%
菊池酒造
(岡山県)
3,313
(1.8L)
調査中 ごく薄い黄金色の酒色。フルーティな香りとともに、口一杯に甘味が広がる。酸味はやや低調で中盤から苦みが顔を出す。温度によっては甘過ぎるかも。 10
土佐しらぎく
純米吟醸 微発泡おりがらみ 生
吟の夢 ・ 55%
仙頭酒造場
(高知県)
3,348
(1.8L)
荒川酒店、富屋酒店、サケハウス 微発泡で滓がらみ。爽やかな香りがある。ガス感が強いため、甘味も低く辛く、ドライに感じる。苦味を伴いながら素早く引いていく。 8

夏かすみ吟醸生
夢山水 ・ 55%
山崎合資
(愛知県)
3,024
(1.8L)
酒泉洞堀一、 シバタ、 知多繁など 薄濁りで強く発泡し、果実感あふれるふくよかな香りがある。甘味、爽やかな酸味があり、爽快。辛味苦味が強く切れが良い。 5
日高見
夏吟 氷温貯蔵
国産米 ・ 50%
平孝酒造
(宮城県)
3,146
(1.8L)
サケハウス、 富屋酒店、 あさい商店 ほぼ透明な酒色。トロピカルフルーツのような香りがある。先ず爽やかな酸味、その後密度感のある甘味が感じられる。終盤は辛く、旨味もたっぷり。最後は苦味を伴い消えていく。全体に軽くさっぱりしている。 1
萩乃露
特別純米 十水仕込 雨垂れ石を穿つ
山田錦/吟吹雪 ・ 60%
福井弥平商店
(滋賀県)
2,916
(1.8L)
酒泉洞堀一、オオタケ、知多繁 ほぼ透明な酒色。穏やかで優しい甘味が口に広がる。酸味は程々でバランスが良い。旨味も十分で余韻が長い。 4
御前酒
菩提酛 特別純米 無濾過生酒
岡山県産米 ・ 60%
辻本店
(岡山県)
2,484
(1.8L)
調査中 ごく薄い黄金色の酒色。微かに華やかな香りがあり、甘味と酸味のバランスが良い。旨味は綺麗で軽めだが、余韻が長い。最後まで苦味を強く感じる。 9
豊潤
特別純米
国産米 ・ 60%
小松酒造場
(大分県)
2,808
(1.8L)
オオタケ ごく薄い黄金色の酒色。少し熟成感があり、木の香りやリンゴの香りがある。先ずかんきつ類を思わせる爽やかな酸が感じられ、その後、弱めの甘味が続く。旨味も少なめで軽く穏やかな飲み口。 2
常山
旬吟 香の栞
播州山田錦 ・ 60%
常山酒造
(福井県)
2,916
(1.8L)
酒泉洞堀一 ほぼ透明な酒色。少し木の様な香りがある。最初は水のようでその後微かに甘味を感じる。ドライでさっぱりしているが、やや平板かも。アルコール感が強く、終盤は強い苦みを伴い切れていく。 11
奥播磨
純米吟醸 深山霽月 生 26BY
兵庫夢錦/山田錦 ・ 55%
下村酒造店
(兵庫県)
3,515
(1.8L)
シバタ、秋貞酒店、酒のきまた ほか ほぼ透明な酒色。木の様な香りや醪の香りがある。微かに甘味を感じた後強いアルコール感や、やや平板な旨味を感じる。最後は強い苦みを感じさせながら切れていく。 3
川亀
純米 夏の川亀
国産米 ・ 60%
川亀酒造
(愛媛県)
2,592
(1.8L)
あさい商店 ほぼ透明な酒色。香りは弱く甘味も少ない。あっさりして旨味も少なく水のよう。最後は苦味を感じさせながら切れていく。さっぱりしているが、あまりに平板かも。 6


五味

特徴

(注)この評価は、単に参加者の感想を集計したものであり、他意はありませんので、ご了承ください

 

(コメント)
「夏の酒他」お楽しみいただけたでしょうか。
夏ですので、さっぱり、あっさりというコンセプトは理解できるのですが、私には全体的にやや淋しく感じました。
私事ですが、今年の夏は夕活で勤務時間終了が早くなり、必然的に家飲み時間が長時間化。あっという間に夏が終わって、「ひやおろし」の季節となってしまいました。
「ひやおろし」とは、冬に絞った新酒が劣化しないよう一度火入れして貯蔵しておき、夏が過ぎ、外気と蔵内部の温度が同じぐらいになった頃、二度目の火入れをせず、つまり「冷や」のまま、大樽から樽に「卸し」て出荷したことから名付けられた名前です。
蝉の声もいつの間にか虫の声に代わりました。静かな秋の夜には味ののってきた「ひやおろし」がぴったりです。
さて、次回定例会のテーマは酒造好適米のひとつ、「愛山」。私は「愛山」という名前が何やら美味そうに思うのですが、実は「愛山」の名は、親品種名の「愛山117」と「山雄67」から一文字ずつ採ったもので、美味しさもロマンの欠けらもないネーミングです。「愛山」は溶けやすく雑味も出やすいのですが、上手く造ると独特の風味があるとのこと。皆さん是非確認してみてください。(T)

 

今月のテーマは「夏の酒ほか」。肴はポテトサラダからスタートです。 暑い夏でも、やっぱり日本酒ですね。 豚肉の冷しゃぶサラダです。
久しぶりに参加の酒友も。 鶏南蛮、タルタルソースを添えて。 仲良くピースサイン。
イワシめんたいフライです。 今日のお気に入りは、どのお酒?また、参加してくださいね。 最後は焼きそばでした。来月もよろしく!
戻る